2012年5月アーカイブ

超ご無沙汰。

やっとろう学校が再開したよ。

タイの休みは長いね。

 

で、先週ここの先生と話したのね。

どうやら小っちゃい子たちだけ、教えてほしいって事になったの。

大きい子たちは結構な数の奴らが、転校したり卒業したりだってさ。

 

ってことで、相変わらずの小っちゃい子たちと、新しく入ってきて続けるかどうか分からない子たちで練習。

 

 

20120529.JPG

 

 

今日は総勢15人。

最後の5分で雨が降って終了。

次回は何人来ることやら。

 

日本人小学生サッカーチーム、JFCとキッカーズが交流戦をやるっていうから、孤児院の子たちも混ぜてもらったの。

さあ、3チームでの交流戦は初めてね。

しかも、場所はバンコクの芝の広いグランド。

 

あいつら、裸足のコンクリートがホームだからなぁ・・・

 

さて、現地について。

何回か交流戦はやってるけど、人様のチームとの試合で、ボクは心配で心配で。

なんかしでかさないかなぁって・・・

 

最初のゲーム。

うまくじゃんけん出来るかしら???

 

 

120527-2.JPG

 

 

お互いにぎこちない感じでじゃんけんしてゲーム開始。

 

 

041-t.JPG

 

 

思ったよりいい感じ。

でも、芝のグランドがやりにくいみたいで、"裸足でやっていい?"って聞かれたよ。

うん、ダメだよ。

そのまま決行。

 

子どもたちは良い感じで頑張ってサッカーしてたよ。

ただ、やっぱり試合と試合の空き時間があると、まとまって試合を見てるって出来ないみたい。

そして、引率で来てた18歳くらいの孤児院の奴がスゲエ邪魔だった。

コーラ買って、空き缶をそのまま置いとくし、試合中勝手な指示出すし、まとまって待っといて欲しいのに子供たちと勝手にボール蹴りだしちゃうし。

アイツがガンだ。

 

それは置いといて。

今回は日本人の子たちより、うちらの子の方がサッカーを遊びとしてのびのびと楽しんでたと思うのね。

まあ、親のひいき目みたいのもあるかもしれないけど。

でもさ、ああやってサッカーを一生懸命楽しむ姿勢ってのは、ボクが最初から伝えたかった事で、それが出来てたことが良かったと思う。

昔のコイツ等は楽しんでるかもしれないけど、それがふざけるってことだったのよね。

確かな進歩を感じたよね。

 

 

.JP120527-3G

 

 

JFCとキッカーズの皆さん。

参加させていただき、ありがとうございました。

奴らも楽しくサッカーが出来たと思います。

また、一緒に試合をさせてください。

 

 

 

この日の練習は、まあまあかな。

何がって、無難に子供がボクより先に集まってたし、ボールとゼッケンの用意をしてたから。

じゃあ、成長したじゃんって思うでしょ。

変化って言ったらそのくらいでゲームの内容は可もなく不可もない感じ。

 

でもね。。。

試合が決まった!

これが奴らのモチベーションを支えたよね。

 

そう。

タイに住む日本人のお父さんたちが、ボランティアでサッカーを指導してるチームがあるのね。

キッカーズとJFCっていう2チームね。

ちなみにボクはキッカーズでもお手伝いとして指導をさせてもらってるのね。

 

そんな流れでJFCとキッカーズの練習試合に参加させてもらえることになったの。

急な話だけど子供たちもテンション上がったみたいで良かった良かった。

 

 

さて。

こんな子たちが新しく参戦。

 

 

002-t.JPG

 

 

メット君(左)とエム君(右)。

メットはちょっと前から入れてって言ってきて、エムは先週からやりたいって言ってきたのね。

元気だけどそんなに滅茶苦茶じゃないからかわいい子たちだよ。

 

先週は良い日。

ってことは今週は・・・

 

やっぱり。。。

 

集まって待ってたのは4人だけ。

他の子は孤児院の掃除とかで遅かったみたい。

まあ、しょうがない。

でもね、先に来てたやつがボールの準備とか全くしてねえワケよ。

で、一注意してゲーム。

 

なんだけど、隣でちょっと年下の子たちが勝手にゲームやってたのね。

なんか、2年前の奴らをみたいで懐かしかったよ。

 

 

 

 

 

人数はこんな多くなかったけど、こんな感じよ。

ただただとりあえず蹴っちゃうし、外に出るとワンチャカなっちゃうし。

 

あんなだったアイツらがこんな感じになってきたの。

 

 

 

 

なんか、それっぽくなってきたよね。

で、この日もゲームをやったんだけど、いい感じに集中できててよかったよ。

 

前に敵がいたときに無理に前に突っ込むんじゃなくて、横にパスを使用を提案。

周りは横で助ける。

パスの後はもう1度助ける。

 

なかなかいい感じでゲームができたよ。

この日の孤児院は良いスタート。

みんな時間になったら、集まってボクのこと待ってたの。

うん、いい日だ。

 

地方のスポーツ大会が終わって初めての練習。

試合結果は5-0で負けたらしい。

 

この日もゲーム、ゲーム、ゲーム。

いいテンションでゲームをやるようになったし、基本的にボクはゲームのみをやらせたいタイプなのね。

日本の子よりエネルギーが余ってるようなゲームっぷりね。

 

でも、それがダメな方に行っちゃうとただただふざけちゃうのよ。

途中何回か止めて、真面目にやれって注意したりでゲーム三昧で終了。

 

ただ意味もなくボールを蹴っちゃう奴はまだ多いけど、テクを出したりワンツーの意識があったり、なかなかいい日だったな。

 

 

今日の紹介はメン。

 

 

メン

 

 

ここの職員さんの息子。

だから、この子だけ親はいるんだよね。

 

 

メン2

 

 

プレーもなかなか上手くなってきてて、コイツともう3人上手い子がいるのね。

ま、上手いって言ってもたかが知れてるけど・・・

そいつらが2:2に分かれてゲームやると、良い勝負になるよね。

 

ご無沙汰です。

長いこと日本に帰ってました。

そして、復活の1発目の孤児院。

 

人数が少ねえ。。。

 

なんかねえ、5月頭にある孤児院同士のスポーツ大会があるみたいで、バスケやらバレーやらの練習に駆り出されてるみたい。

更に、なんかタイのなんかの行事でいない子も。

だから、7人ほど。

 

でもさ、ふと思ったの。

1年前に比べて、すげえやり易くなったなって。

みんな、悪ガキは悪ガキだけど、その中でもルールみたいなのが出来てきたからさ。

 

この日の練習は、まず1対1。

1対1でやってほしくないのが、ただただ点を取りに行っちゃうことよね。

いや、いいんだけど、もうちょっと1対1で遊ぼうよって感覚ね。

 

で、そのあとはゲーム。

3対4またはボクが手伝って4対4。

 

 

孤児院

 

 

なかなか楽しい1日だったよ。

ユタカについて

ユタカ画像

1979年6月21日生まれ。
本名:相原豊。
プロサッカープレーヤーおよび指導者として、アジアを中心に海外で活動中。老若男女、人種を超えて様々な人とコミュニケーションを図りながら、サッカーの普及を続けている。

経歴
相洋高校→大清水クラブ→VERDRERO港北FC→Tabacco FC(タイリーグ)→Dipali Jubo Shangha FC(バングラデシュリーグ)→Masaka LC FC(ウガンダリーグ)→Mazaala FC(モンゴルリーグ)