2011年10月アーカイブ

ちょっとPCの調子が悪くて修理に出します。

なので、更新はちょっとお待ちください。

 

PCが帰ってきたら鬼の如くアップします。

孤児院の練習開始時間って16時半なのね。

 

なのに・・・

 

時間になってもボク一人ぼっち。

 

いやね、この日は5分ぐらい前に着いたのね。

いつもよりちょっと遅め。

したらさ、みんな全く集まってないワケ。

 

いやさ、ボクが集まってからみんな集まるじゃないと思うの。

みんながサッカーやりたい、だから集まって待っておく。ってのが本当だと思うの。

ま、この時間にルーズなのは外国人の特質だからしょうがない。

で片付けちゃダメだよね。言い続けましょう。

 

さて、この日はみんなで3個のボールを奪い合ってキープってやつをやったのね。

キープって言ってるのに、ボコボコ蹴っちゃうんだよね。

しっかりキープしなさい。

 

プレーの事よりやっぱり時間厳守ってのを何回も何回も言わなきゃダメみたいね。

反復練習が大事なように繰り返して言い続けなきゃいけないみたいね。

あ、関係ないけどこの日誕生日です。

自分の誕生日に孤児院の言うこと聞かないやつらと過ごすって今年の1年なんかいいこと無さそっす。。。

 

さ、今日は競争から始めよう。

コーンで丸を作って、各コーンに一人一人立たせてよーいドンで前を走ってる子を捕まえるってやつ。

 

くそっ、いまだにコーンを蹴る奴がいやがる・・・

 

で、その丸を使って前回と同じパス&ゴー。

ちゃんとやらないくせに3対2をやりたがるのよ。

ちゃんとやらないからやらせないよ。

 

で、ゲーム。

大きいゴールくかはまだ健在ね。

結構テンションがいい感じ。

 

やっぱりゲームなんだよね。

それはね、分かってるの。

1番上手くなるのもゲームだって分かってるの。

 

でも、こいつらは上手くなる前にやらなきゃいけないことたっぷりあるワケよ。

だからゲームだらけはもうちょっとお預け。

この日もお気に入りの手つなぎ鬼スタート。

ボクが何も言わなくても勝手にこの準備を始めるのね。

 

この日は大きな変化が。

あ、子供たちじゃないよ。

そんな急激に大きな変化があったら苦労しねっす。

 

孤児院に少し立派なゴールがやってきたの。

だから子供のテンションもアゲアゲで。

 

でも、やる事はパス&ゴー。

ちょっといつもと違うよ。

コーンで8角形ぐらいを作るのね。

で、各コーンに人を立たすの。

で、誰にでもいいからパスをして出した人のコーンに走る。

しかも、ボール2個で。

 

うん、しっちゃかめっちゃか・・・

 

ハイ次。

3対2で攻めましょう。

 

  △    △    △

 

 

 

   ▲ ゴール ▲

 

△3人がオフェンス

▲2人がディフェンス

 

大きいゴールだったしなかなかの盛り上がりと集中。

 

そして、その勢いでゲーム。

最初今まで使ってた小さいゴールでゲーム。

その後、大きいゴールでゲーム。

 

大きいゴールパワーはなかなかスゴイよ。

いい集中を見せたよね。

 

これが大きいゴールに慣れてからも続くことを切に願いますよね。。。

この日も手つなぎ鬼スタート。

どうやら好きみたい。

でも、タッチされたら手を繋がなきゃいけないのにルールを守れない子がいる。

 

この手を繋がなきゃいけないっていうのが守れないメカニズムを知りたいよ・・・

 

で、パス&ゴーでもしますかね。

ダイレクトとか2タッチで何本ミスらないで出来るか?

ってやったら結構頑張ってたのね。

 

で、実は最近ちょっとだけ・・・ほんのちょっとだけだけど上手くなってきた気がするのね。

だから3対1のボール回しでもやっちゃおうかなって思ってね。

 

したらさ・・・

 

コンチキショー・・・

 

ボールの数が減ってる。

∴足りねえ・・・

 

物を大切にしなさいよ。

ずーーーーーーーっと言い続けてるよ。

 

なので、ボール回しが出来ずにゲームをやって終了。

この1時間ちょっとなのにボクの気持ちの浮き沈みの大きさったらないよね。

小学生は相変わらずのコーンドリブルと足の裏を使ってのドリブル。

そろそろ違うこともやらしちゃおっかなぁ。

でも、上手くないしなぁ。

の、葛藤が毎回よね。

 

で、今日はドリブルの時間を短くして1対1をやってみた。

やっぱり実戦の方が楽しいよね。

でも、やっぱバタバタしちゃうんだよね。

だからコーンドリブルと1対1を混ぜながらやっていこう。

 

で、この子達のゲームは3対3。まだ5対5は早いと思う。

とにかくたくさんボールに触らせよう。

 

 

中学生はね、キックを今一度って事でパス&ゴーをやり直し。

で、ゲームは5対5。小学生と交互にグランド使ってね。

パスを出した後、パスをもらう前、必ず止まっちゃうのよね。

ちょっとそんな事を意識させながらやりますかな。

 

 

ちなみにこの日も時間の事を伝えたけど変化なし。

これはろう学校とか孤児院とかそういうのじゃなくてタイ人の気質ですな。。。

この日は途中で雨が降ってきたから小学生クラスは途中で終了。

中学生もボール回しをしてる最中に雨がパラついてきたからそそくさとゲームに変更。

 

でね。

小学生、中学生共に時間にルーズだよね。

学校行事で間に合わないとかだったら開始時間を遅くすりゃいいだけの話じゃん。

勝手に遅れてってのはよくないじゃん。

時間厳守を教えないとね。

 

それと、高校生が中学生の練習に参加したがるのね。

でもさ、勝手に入ってくるのよ。

で、勝手に帰ってくの。

それはダメでしょ。

もし、やりたきゃまずボクに言いなさい。

で、帰る時もちゃんと言ってから帰りなさい。

 

組織で一斉に練習ってのをやったことがないのかもね。

今まではみんなで集まって時間が来たら各々解散って感じだったんだろうね。

でも、そういうのも伝えていかなきゃいけないんだろうね。

高校生の練習の日。

こっちも小中学生と同様しっぽとりでスタートしてみた。

高校生も結構はしゃいでやりますな。

 

なんか純で可愛い奴らよ。

 

で、いつも通りの3対1のボール回し。

で、4対2のボール回し。

 

でね。

前にも書いてたけど、タイ人のサッカーってのは個人技は結構高いの。

ただ、組織のプレーがあまり良くないのよね。

パスコースの作り方が上手くないよね。

 

って事で3対2を。

 

 

  △           △

 

 

 

 

 △ ▲|___|▲

 

分かるかしら?

△3人対▲2人。

▲と▲の線はゴールのつもりね。

で、ゴール側からボールを出して、△がゴールに向かって攻めましょうって言うシンプルな数的優位の練習。

早めにパスコースを作って、囮にするなりパスをするなり煮るなり焼くなり・・・

 

とりあえず、個人以外もサッカーをしましょうって意識だね。

 

あと、集中してエキサイトしてくると、激しくなってくるワケよ。

そうなるとファールをしてコンクリの地面で転ぶのね。

通常より痛いワケよ。

 

でもさ、それでも怒って自分をコントロールできなくなっちゃダメだと思うの。

自分自身をコントロールすることも伝えないとね。

小学生クラスが増えた。

ありがたいのはありがたいけど、16歳以下の子たちと一緒だからグランドが狭いのが悩みね。

 

さて、そんな年代がバラバラなこの日。

みんなでゼッケンをパンツの後ろに挟んでしっぽみたいにして、それを取り合うって言う通称"しっぽとり"をやってみたのね。

 

あら不思議。

小学生は小学生同士、中学生は中学生同士で奪い合うんだね。

みんないっしょくたにやってんのによ。

ボクが中学生だったら小学生ばっか狙って偉そうにしてるイヤな奴に成り下がってると思うのに、みんないい奴よね。

 

さ。

小学生はこの日もドリブル。

コーンを使ってジグザグと足の裏を使ってまっすぐドリブル。

 

ゲームはフットサルコート反面を使って3対3。

フットサルコートのフルサイズではやらせません。

まずは少人数でしっかりボールに触ってくださいな。

 

 

中学生。

試しに4対4でボール回し。

2タッチでやらせてみたのね。

その後5対5のゲーム。

だから小学生と交互にだよね。

 

 

でね。

小学生に関しては高校生たちが手伝ってくれるからえらい楽だよね。

中学生に関しては4対4の前に3対1とか数的有利の状態で始めた方が良かったかも。

あと、細かい足元の技術も薄いからちょっと狭いスペースでフリータッチでボールキープをやらせてみようかしら。

まず、久々にコーンドリブルやってみたのね。

なんかどんよりムード。

飽きちゃってる感じ。

う~ん、飽きちゃうのってボクにも責任があるのよね。

 

で、先週と同じコーンの上にボールを乗っける競争。

が、ちょっとこ慣れるとなんかテンションが低い。

なんか生意気でムカつく・・・

やっぱ最初にテンション上げてその勢いで最後まで行かなきゃダメなんよね。

 

で、こんな日は嫌ぁな予感が。

ホラ。

ゲームで喧嘩が始まった。

例のファールに対しての報復よ。

孤児院の職員さんにも来てもらって説教よね。

 

今後伝えなきゃいけないことの再確認。

・報復行為の禁止

・ふざけるのと楽しくは別

・人の話を聞く

 

☆いい奴になろう!をテーマに。

コーンの上にボールを乗せて落とさないように競争ってのをやってみたの。

俗に言うアイスクリーム競争だとかなんとかってそんな名前のやつね。

初めてで珍しいってので結構な盛り上がりを見せたね。

 

さて、今日もパス&ゴー。

だけど、今日はコーンで門を作ってみたの。

 

     △

 

 

   ▲   ▲

 

 

     △

 

こんな感じね。

白のコーンの後ろに人が並んでる状態。

で、パスを向かいの白のコーンに並んでるやつにパスを出す、至ってシンプルなパス&ゴー。

でも、今日は▲の間を通しましょうってなもんです。

 

これがね。

あんまり失敗とか成功とかにこだわってないみたい。

ダメなりゃダメで仕方ねえみたいな。

いや、そうなんだけどもうちょっと上手くできるように頑張ってくれんかねぇ・・・

 

でね、ここ数回なんだけどちゃんとやらない子は練習に参加させないことにしたの。

サッカーやりたきゃちゃんとやってねって。

で、外した子はちゃんとやるって約束するまでお預け。

 

この日も最後はゲームで終了。

この日は祭日。

いつもの時間はボクの用事があったから、午前中にサッカーすることにしてもらったの。

奴らも学校休みだし。

 

で、相変わらずの鉄板。

手つなぎ鬼スタート。

 

その後、2ヶ所に分かれて一般的なパス&ゴー。

で、ゲーム。

3チームでやってその後2チーム。

 

いつもと違う時間が原因なのかいつもよりテンションが低め。

気持ちのコントロールってのは難しいみたいね。

ま、それって日本の子も同じだけどね。

 

ただ、日本の子を指導しててもここの子を指導してても感じるんだけど、精神的な成長が見られる子はサッカーも同じように成長してるのよね。

 

だからってワケじゃないけど、色々と伝えねばならんことが山積みね。

手つなぎ鬼スタート。

どうやら子供たちはお気に召したようで結構盛り上がる。

 

練習はというと。

ボクががパスを出して走ってきてそれをボクにパスで返すという至ってシンプルなものをやってみた。

 

その後、ゲーム。

最近はみんなで走ったりなんかして、その後1種類練習っぽい事やってゲームという流れに。

 

でね。

日本の子供でもこれは伝えるのが難しいんだけど"楽しく"="ふざける"になっちゃうのよね。

正しい楽しさを伝える工夫が必要ね。

あと、あんまり褒められたことが無いみたい。

それと真剣に怒られたこともあるんだろうかしら?

 

褒められるとスゲエ喜ぶし、怒られると泣きそうになる。

その振り幅がすごく大きいのよ。

子供のうちにボクだけでも思いっきり感情だったり熱を入れて接しようと改めて思ったな。

始まったばかりのちっちゃい子たちのサッカー。

かなり上手くないっす・・・

 

 

 

  

ね。

でもさ、こいつらかなりサッカー好きなのね。

 

でね。

日本の子供って、サッカーって言うとすぐにボールを蹴っちゃうのね。

でも、ここの子は蹴っちゃう子もいるけど、ちょっと言ったらドリブルを始めるのよ。

タイ人って言わば自己中っていうプレーが好きだからね。

でも、子供のうちはそれでいいと思う。

 

ただ、残念なのは週に1回しか練習できないこと。 

とりあえず、ドリブルやらせまくって上手くなってもらいましょう。

この日は16歳以上の子たちのみ。

しかも足元の技術の結構ある子たち。

 

う~ん。

結構上手いとなんか寂しくなってしまうところが悲しい・・・

 

で、ドリブルなんかの技術の割にパスのレベル、要するに組織でのレベルが低い彼ら。

2タッチも覚えさせましょう。

って事で、まずは3対1のボール回し。

続いて5対2。

で、4対4。

それぞれ全部2タッチで、時折ダイレクト。

2タッチした次の人はは1タッチ、その次の人は2タッチと1タッチと2タッチを交互に。

 

やっぱ、ワケ分かんなくなってたな。。。

 

最後はゲームをやったけど、今後はゲームでも2タッチゲームをやらせてみよう。

長~~~~いタイのお休み終了。

この日から小学生も練習参加。

小学生とU-16くらいの子が練習。

もちろん別でね。

 

小学生はね、これがビックリするくらい素人なのよ。

素人より素人なの。

って事で、とりあえずコーンドリブル。

コーンドリブルをしばしやってから足の裏を使ってドリブル。

そののちゲームなんだけど、とにかく足を使わせるために"キーパーなし"でやらせてるんだけど、すぐに手を使っちまう。

頭の切り替えが難しいみたい。

 

U?16くらいの子はパス&ゴーも飽きてきただろうし、ボール回しを。

そこそこ出来る子は小さい範囲で3対1。

足元が怪しい子は広い範囲で3対1のボール回し。

 

その後ゲーム。

16歳以上の子と違ってU-16はレベルの差が激しいのね。

でも一緒に練習やるからちょっと難しい。

 

小さい子達の練習は16歳以上の奴らが手伝ってくれるから助かるよね。

こういう面倒見の良さは彼らの長所だと思う。

最初の頃の頃の彼らのプレー。

ってゆーか、すでに結構上手いでしょ。

 

 

 

 

 

 

今後、どうしていこうかなって悩んでたよね。

だって、結構うまかったから。

 

定期的に動画もアップします。

急に5月にお話し飛びます。

ボクがソンクラン休みって言って、タイで1番長い休みだったからこんなに空いちゃった。

 

で、久々のサッカーだから今日は細かい事言いたくないし、ひたすらサッカーで遊ばせてやろうかなって。

 

まず、5対5のゲーム。

これは3チームでぐるぐる回してね。

で、その後2チームにして7対7のゲーム。

 

久々のサッカーだったからみんな結構頑張ってたよ。

しかも、サッカーらしいプレーも出てきたし。

 

これが久々だからって理由じゃなく彼らの成長であることを願います。

日本でボクがちょっとだけ指導をしてた祥太って子がタイに遊びに来たのね。

ヤツは結構子供とサッカーするのが上手い奴なのよ。

 

って事は、手伝いに来いって事になるわな。

 

手つなぎ鬼をやってみた。

結構な盛り上がりを見せるけど、ちゃんとできない子は鬼になると疲れて追いかけれなかったり手を繋いでられなかったり。

書いてて思うけど、ホントになんも出来なかったんだなぁ。。。

 

せっかく祥太が来てるしゲームやりまくろっかね。

って事でゲーム祭り。

 

愛情に飢えてるのかね。

こうやって大人だったり兄ちゃんだったりが来るとはしゃぎ具合が違うよね。

いつもより頑張ってた気がするもん。

 

通常はボクしか指導に行けない状態じゃん。

だからその分ボクが愛情を送ってやらないとなって思ったね。

 

ご安心を。

最近、やっと奴らが可愛く見えてきたから。

雨天中止・・・

そんな事更新するなよってお話よね。

 

だから翌週17日のろう学校。

どうやらこの日が終了式みたい。

タイは3月末から4月下旬、または5月まで長?い休みになるのね。

その長?いお休みの前の最後の練習。

 

は、人数がちょっとだけだったの。

少し雨も降ってたってのもあったし。

 

人数が少なかったし、天気悪いし、更に休み前の最後だし。

ゲーム祭りやっちゃおう。

 

もうね、ずっとゲーム。

最初、天気悪いし人数少ないしテンション低いっぽい奴らもやっちまえばなかなかのもんよ。

適当に終わりにしようかと思ったらもっとやれって。

 

もしかしたらテンション低いっぽいってのはボクの思い過ごしだったのかもね。

ちゃんと彼らの表情と気持ちを読み取れるようにしないとね。

 

なんにせよ、これで長いお休み。

たまには自分らでアップやらしてみようかなぁ。

なんて思ってやらしてみたのね。

なんか、ちゃんとやれるんだね。

一般のタイ人よりちゃんとやってましたな。

 

で、練習開始。

う~ん。

無い物ねだりだね。

何がって?

孤児院でクチャメチャな奴らと接してると、こっちのろう学校の奴らがものすごくいい奴らに見える。

いや、良いじゃん別に。

いや、良いんだけどなんか物足りないな。

 

なんて言ってると痛い目見るぞ。

ホラ、コミュニケーションが取れずに困った。。。

 

って事で、そりゃどういう事かって?

 

まず、U-16の奴らはひたすら止める蹴るを繰り返す。

パス&ゴーってやつを徹底しましょ。

で、それ以上の子たちは5対2、4対1、3対1などのボール回し。

 

ここまでは問題ないのね。

 

で、ゲームですよ。

どうしよう。

こう動けとか、こうした方が良いってどうやって伝えよう。

こりゃ辛い。

 

って事で。。。

戦術より、まず個人技のアップを試みましょう。

細かいボールタッチと視野の確保と判断。

足元の技術はそこそこあるのにチームとしての機能が低いのよね。

ま、それってタイ人全体にそうなんだけどさ。

 

だから、ゲームを通して視野と判断をなんとかしたいな。

この日も前日同様コーンで円を作っての競争からスタート。

2回目になると慣れと飽きが入り乱れてきたよ。

走りながらコーンをわざと蹴っ飛ばす奴もいるし。

 

ボクも奴らを蹴っ飛ばしたくなってしまった・・・

 

ってことで、早々にメニュー変更。

簡単なドリブル練習を。

コーンをジグザグとかじゃなく、ただ足の裏を使ってまっすぐドリブルとか、そんな程度。

個人主義のタイサッカー。

自分がボールを触ってる時間は結構頑張れてたね。

 

少しずつ駆け引きをしてみよう。

例えばね、日本の子供にも"ユタカマジック"ってのをたまに使うんだけど、全然上手くなってないのに"最近上手くなったな"って言うの。そうすると、勘違いして真面目に練習やりだしたりすんのよね。

 

で、ユタカマジック発動。

そこまで真面目にやってなかったけど、"よしっ、今日は真面目にできたからゲームの時間を増やしてあげる"って。

うまく騙されやがった。

真面目にゲームをやったね。

 

あと、この日からチームを自分たちで作るようにさせた。

上手い奴を同じチームにしようって言うより仲のいい子で集まってしまう。

仲の良いもん同士→上手い子同士になっちゃうから強さが全くだよね。

ボクが弱いチームに入ったりしながら調整したけど、子供同士で同じくらいに分けてほしいよね。

今更ですが。。。

 

結構前から孤児院、ろう学校での活動をしてたけど、この"ユタカのサッカー活動記"が無かったから、その時はノートに日記をつけてたのよ。

意外とマメでしょ。

だから、今までこの活動記で書いてたお話しもその日記を見直して書いてるもんなのね。

って事で、これからタイトルは当時の日付にしますね。

 

 

3月9日の初っ端はこんな事しました。

コーンを等間隔に置きながら円を作ります。

各コーンに人を立たせます。

で、よーいドンで円の周りを走るんだけど、その際、目の前の人を捕まえなさいってルール。

追われるし追うしみたいな。

 

初めてで更に単純なものは食いつきが良いね。

 

でね。

本来、ボクのトレーニングってのはゲームばっかりなのね。

なぜって1番楽しいから。

でも、この孤児院の子たちは"並ぶ"とか"待つ"って事が至極出来ないのよ。

だから、コーンドリブルとかで"並ぶ"とか"待つ"もやってもらいたいのよ。

 

って事で、2手に分かれてドリブル&フェイント。

コーンにドリブルで向かっていって、ボクが見せたフェイントでコーンをかわす。

で、次の人にパス。

 

あ?あ。

やっぱちゃんと待てねえ。

並べねえし。

"こいつら"と"待ち時間"って"水"と"油"みたいに合わないみたい。

 

ただ、この日はちょっとゲーム頑張ってたな。

まだまだ喧嘩は絶えませんが。

 

まだまだまだまだサッカーの事を教えれるのは後みたいね。

3月2日の日記より。

 

前回盛り上がったコーンを使ってのビーチフラッグ。

ビーチでもコーンでもないこのボクを許してくれますか?

 

さ、伝わりゃいいってことでそのまま呼びます。

ビーチフラッグね。

まだ、2回目だからテンション高めでつづけれるね。

多分、これってそんなに差がつかないじゃん。

リレーとかだと半周差とかついちゃうともう勝てねえやみたいな感じになるけど、ビーチフラッグならそんなに差がつかないしすぐに決着がつくから良いみたい。

あくまでボクの勝手な分析ね。

 

このテンションの勢いでコーンドリブル。

・・・あら、今日はお早めに飽きちゃった。

 

ここで乗り切れないのはちょっと痛いね。

なぜなら・・・

 

 

ほらぁ。。。

ゲームの時喧嘩が始まったぁ。。。

 

高いテンションのままだと、ゲームに対する集中力も結構続くんだけど、ゲームの前のメニューで勢いがつかないとゲームも盛り上がりに欠けるのよね。

 

日本の子供に対しての指導より雰囲気作りが難しい。

ボクがタイ語が流暢じゃないのも多分にあると思う。

自分自身が情けないっす。。。

 

それと、前回ちょっと変化があったかな?って思ったのにまた元に戻っちまってるの。

3歩進んでキッチリ3歩戻りやがった。

 

いい歳してこいつ等の出来で一喜一憂ってなんかイヤね。

 

 

ろう学校の話ばっかり書いて、孤児院どーでもいいんじゃない?って思った?

そんなことないっす。

まとめてドサッとアップしたいだけ。

 

まぁ、確かに雨が降って練習中止っぽい感じになると"ラッキー"とか思っちゃってたけど、今は大丈夫!

やる気満々っす。

奴らの事がようやく可愛く思えてきたっす。

 

でも、悪ガキだからしょっちゅうムカつくけど・・・

 

さ、この日の練習はコチラもビーチフラッグ的なゲームでスタート。

4人を並ばせてその先に小さいコーンを3つ置く。

で、よーいドン。

 

簡単で分かりやすいゲームは好きみたいだね。

ただ、コーンを取る時に取らないで蹴る奴がいるのよ。

モノを大事にすることは厳しく指導しないといけないね。

 

さ、続きましてコーンドリブル。

このコーンドリブルがさ、意外と集中できるみたい。

って言っても5,6分くらいよ・・・

 

いやいや、パス&ゴーとかやらせた日にゃあ集中なんて2分でソールドアウトよ。

 

さ、ゲームでもしましょっかね。

ちょっとだけ。

ちょっとだけだけどサッカーっぽいプレーが出てきたよ。

ただ、相変わらずファールした後は喧嘩しちゃうけどね。

 

でも、このくらいからボクもこいつらに愛着が沸くようになってきたね。

始動から約1ヵ月もかかっちゃったけど・・・

ろう学校のフットサル大会(恐らく全国大会)後、初の練習。

 

な、な、な、なんと!

ろう学校の小学部の子たちもサッカーしてえって言ってきたのよ。

嬉しいじゃ、あ?りませんか。

今時チャーリー浜なボクですが、ちょっと残念なのがボクも一緒にサッカーしたいけど、いかんせんグランドとボクに空きがないの。

 

だから、この日は一緒にサッカーをしたけど4月のソンクラン休み以降、1日練習の日を増やすということにしたから、それまで我慢してもらうことに。

 

*今までボクの活動は火曜日が孤児院、木曜日がろう学校だったけど2011年5月より金曜日もろう学校の活動日としております。

 

 

さ、その日は何しましょうか。

小学生もいたし、ビーチフラッグ的な事でもやってご機嫌伺ってみようかな。

4人ずつ並ばせて、20mほど離れた場所に工事現場によく置いてあるコーンを3つ置くのね。

後はよーいドンで競争。

 

これがさ。

よーいドンが難しいの。

余計な動きをちょっとしちゃうとスタートしちゃうのよ。

しかもスタートしちゃったら途中で止めることもさらに難しいの。

 

ご機嫌を伺った後。

高校生たちは2タッチでボール回し。

その下の代の子は単純に止める蹴るを徹底的に。

って言っても、つまんないじゃん。

だから、途中でエリアを広くしてボール回し。"なるべく"2タッチ。

 

で、小学生たち。

こりゃ、ヒドイっす。

素人っす。

 

でも、悲しいかな。

そんな子に慣れちゃってるコーチ生活。

この子達の練習が本格的にスタートしたら、徹底的にボール扱いをやらせないとね。

 

最後、ゲーム。

大きい子達は2タッチゲームとかもやらせてみようかななんて思ふ今日この頃。

ろう学校同士の全国大会みたいのがあるのね。

奴ら、それに行ってきたのよ。

残念ながらボクは諸事情の為、帯同できず。

結果は3位らしい。

う?ん。

結構うまい奴らが多いからいいとこまで行くとは思ったけど、3位か・・・

 

って事はこいつらよりうまかったり強かったりする奴らがタイのろうサッカーにいるんだね。

って思うとさ。。。

 

う?ん。。。

大変ね。

いやいや、マジで結構うまいんだから。

嘘だと思うタイに住んでる方は是非遊びに来てちょ。

 

実はタイのろうサッカー(フットサル)はかなりレベルが高いようなのね。

でも、今回の大会で負けちゃったのは途中で集中が切れちゃったとか。

 

今後、試合を組めたらなるべくたくさんやらしてやりたいなって思うよね。

で、次回の大会にはボクも必ず帯同しないとね。

ごめんなさい。

実は、現在の話じゃなくってこのブログが立ち上がる前のお話からしてます。

最初の方から話してった方が分かりやすいでしょ。

ってことで、続けます。

 

ろう学校に来て2ヵ月ほど経つとだんだんとこんな感じかなってのが定着してくるよね。

それに向こうもボクが何を言いたいのか理解しようとしてくるよね。

お互いに歩み寄ってきた感が出てきたよね。

 

とは言え、15歳くらいの子のレベルはまだまだまだまだ。

そりゃそうよ。2ヵ月で劇的に上手くなったらみんなプロになれちゃうよ。

で、そんな技術的な事より内面よね。

 

18歳くらいの子はボクがこんな事をやろうってデモンストレーションをやったらそこそこテキパキと動き出すのよ。

でも、15歳くらいの子はそれを見てもまだ自分たちがどんな練習をするのかがよく分からないみたい。

で、先生がちょっと顔を出した時に聞いてみたの。

"普段、どんな感じの練習してるの?"って。

ゲームのみ。

適当にチーム分けして、勝ち残り制。

 

タイのスタイルだね。

こういう中でみんなストリートなサッカーをやっていくワケよ。

 

これはこれでいいのよね。

だって、指導者がいないんだもん。

余計な事をやるよりは黙ってゲームをする方が上手くなるってもんよ。

 

話それたけど。

練習ってもんをあんまりしたことがないんだろうね。

だから、練習っぽい練習をしても何をどうしていいのか分からないんだね。

ボクの練習って結構ゲームに近いもんをやるんだけど、それよりももっとゲーム的なものの方が良いみたいね。

 

工夫が必要ですな。

さあ、数回ろう学校に指導に来るとある変化が。

 

・・・通訳代わりにいた先生が来なくなったよ。

 

"ユタカ、頼んだよ"だって。

いや、コミュニケーションは???

 

でもさ、言葉通じないなんてもう慣れっこよ。

だから身振り手振りで伝えましょうよ。手話って言うよりジェスチャーよね。

でも、大事なのは伝えようとする努力ですよ。

 

と、タイ手話ができない言い訳をして練習開始。

ドリブルだったり足元の細かい技術は結構上手い彼ら。

の割には蹴ると止めるがまだまだな感じ。

 

で、基本的な止める、蹴るを中心に進めて言った方がいいなと。

しかも、15、16歳くらいの子に関してはかなり蹴る技術が低いことが判明。

こいつらと18歳くらいの奴らの差を埋めていきたいね。

 

片言の手話・・・ジェスチャーでパス&ゴーを伝え、その後ゲーム中心に練習。

 

練習後、学校でご飯を出してくれるんだけど、意外と美味い。

本日はそっちに感動。

早く、彼らのプレーで感動したいっす・・・

こちら、孤児院と違って意気揚々と学校に行きますわな。

ホレ、孤児院は行く道すがら"今日もうるせえんだろうなぁ。"とかそんなこと考えながらだからさ。

 

さ、孤児院の方はみんな素直な奴らだから楽と言えば楽よね。

とはいえ、ネックになるのは手話だよね。

 

シュート練習をしてみたのね。

決められたパスを3本くらいしてシュート。

それを伝えるのが難しい。

自分でプレーを見せながら声が少し聞こえるやつに間に入ってもらったりで練習を進める。

 

ゲームをやるとタイ人らしいプレーが出るよね。

個人勝負。

タイのサッカーって個人は結構うまかったりするけど、組織になるとレベルが落ちるってボクは感じてるの。

そんなプレーが節々で。

パス出しゃ良いのに・・・みたいな。

 

とは言え、この段階じゃ個人のボール扱いのレベルを上げるのが先かなと思う。

の、前にコミュニケーションをがんばらないとね。

孤児院と並行してろう学校の指導も始めたのよ。

障がい者サッカーをやりたくて。

 

で、お初の日。

先生に紹介してもらってそのまま練習。

コンクリートのグランドでフットサルをやるのね。

で、フットサルの戦術云々は難しくてよくわかんねっす。

しかもタイの手話でそれ伝えなきゃいけないんでしょ。

 

厳しっっっ。

 

日本語の手話はそこそこ出来るのよ。

こういうことやりたくて勉強してたからね。

でも、手話って各国によって違うのね。

 

さて、練習メニューは置いといて。

すっごく違和感があるの。

今までの指導だとプレーに対して音(声)でリアクションがあるじゃん。

例えばいいプレーには"ナイス"とか"いいねぇ"とか。

それが無いワケよ。

 

なんか、練習が盛り上がってないみたい。

各々の顔を見ると笑顔だったり困惑だったりがあるんだけどね。

 

個人の能力は結構高いっす。

そして、みんないい奴です。

たのしくサッカーが出来そうでよかったと思うと同時に、孤児院の悪ガキがボクのメンタルに重くのしかかるよね。

ユタカについて

ユタカ画像

1979年6月21日生まれ。
本名:相原豊。
プロサッカープレーヤーおよび指導者として、アジアを中心に海外で活動中。老若男女、人種を超えて様々な人とコミュニケーションを図りながら、サッカーの普及を続けている。

経歴
相洋高校→大清水クラブ→VERDRERO港北FC→Tabacco FC(タイリーグ)→Dipali Jubo Shangha FC(バングラデシュリーグ)→Masaka LC FC(ウガンダリーグ)→Mazaala FC(モンゴルリーグ)